ポイント

もしもオリゴ糖の摂取をはじめたけれど、効果を実感できないという場合には、オリゴ糖が善玉菌の好みと合っていないという可能性があります。オリゴ糖の摂取量や種類によっては、体内の善玉菌の好みと合わずに効果が実感できないというケースもあります。腸内に棲息する菌の種類や数には個人差があり、オリゴ糖にも種類があります。その相性が合わなければ望む効果を得られません。

オリゴ糖であれば善玉菌は何でも食べるというわけではなく、その好みに合ったオリゴ糖である必要があります。ですので、自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選び摂取する必要があります。

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選んでいる場合でも、その摂取量が多かったり少なかったりというのが原因となり効果がいまいち実感できないというケースもあります。少ないという場合には便秘解消につながらず、もし多い場合ですと下痢になってしまいます。

下痢になってしまった場合にはオリゴ糖の摂取を一時的に中断することでいずれは解消されますが、それは便秘よりも強い不快感を伴うものであると思います。ですので下痢になることを避けるためにも、まずは少量からオリゴ糖の摂取を試してみて、どうしても効果が感じられないという場合にのみ増量するという段階を踏んでみるのがいいでしょう。

オリゴ糖の摂取

オリゴ糖が便秘に効くというのは有名ですが、なぜオリゴ糖が便秘に対して有効なのかということに関しては詳しく知っているという方は少ないのかもしれません。オリゴ糖が便秘に対して有効である理由の1つめは、その整腸作用にあります。人間の腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいます。善玉菌は腸内環境を整える作用があり、悪玉菌は逆に腸内環境を壊す作用があります。日和見菌は、そのどちらでもなく善玉菌と悪玉菌の勢力を見て、どちらか強い方の味方をします。

この腸内で起こる勢力争いの中で善玉菌が優勢を保てている状態のことを腸内環境が整っていると言います。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌の勢力を優勢にする働きをします。その結果腸内環境が良好となり、腸のぜん動活動が活発になるのです。

2つめの理由は、便のかさましです。オリゴ糖を摂取してもオリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を含んだまま移動していきます。そのため便のかさましとなり排便サイクルは早くなります。オリゴ糖は腸や小腸などで消化、吸収されず、大腸に住んでいる有益な細菌のエサとなり有益な細菌が増えるのを助けます。ですので、オリゴ糖を摂取することで割りと早いタイミングでその効果を実感できると言われています。

オリゴ糖と便秘

ヨーグルトのコマーシャルなどでオリゴ糖配合などという言葉はよく使われているので、オリゴ糖という名前自体を聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。オリゴ糖がなんとなく便秘に対して効果的であるというイメージを持っている方は多いと思いますが、そもそもオリゴ糖とはなんなのか、なぜオリゴ糖が便秘に対して有効であるのかという部分についてはきちんと知っておいても損はないでしょう。

オリゴ糖とは糖質の一種です。糖質は大きさによって単糖類、オリゴ糖類、多糖類の3種類に分けられます。オリゴ糖に明確な定義はないのですが、一般的には単糖が2子から数十個つながった糖類の一種の総称であるとされています。オリゴ糖の多くは単糖が2個つながった二糖類です。オリゴはギリシャ語で少ないという意味を持つ言葉で少糖類とも呼ばれます。

オリゴ糖は20種類ほどあり、その中には胃や小腸で消化されにくい性質のものがあります。これらは大腸でビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内環境のエサとなり、その増殖を促す役割を果たします。これによって腸内における細菌のバランスは善玉菌優勢の状態となり、腸内環境は整えられます。

当サイトでは現状便秘について悩んでおり、便秘解消に効くオリゴ糖について詳しく知りたい、便秘を解消したいというような方に向けてオリゴ糖についての情報、摂取の際のポイントなどについて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。