オリゴ糖の摂取

オリゴ糖が便秘に効くというのは有名ですが、なぜオリゴ糖が便秘に対して有効なのかということに関しては詳しく知っているという方は少ないのかもしれません。オリゴ糖が便秘に対して有効である理由の1つめは、その整腸作用にあります。人間の腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいます。善玉菌は腸内環境を整える作用があり、悪玉菌は逆に腸内環境を壊す作用があります。日和見菌は、そのどちらでもなく善玉菌と悪玉菌の勢力を見て、どちらか強い方の味方をします。

この腸内で起こる勢力争いの中で善玉菌が優勢を保てている状態のことを腸内環境が整っていると言います。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌の勢力を優勢にする働きをします。その結果腸内環境が良好となり、腸のぜん動活動が活発になるのです。

2つめの理由は、便のかさましです。オリゴ糖を摂取してもオリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を含んだまま移動していきます。そのため便のかさましとなり排便サイクルは早くなります。オリゴ糖は腸や小腸などで消化、吸収されず、大腸に住んでいる有益な細菌のエサとなり有益な細菌が増えるのを助けます。ですので、オリゴ糖を摂取することで割りと早いタイミングでその効果を実感できると言われています。