ポイント

もしもオリゴ糖の摂取をはじめたけれど、効果を実感できないという場合には、オリゴ糖が善玉菌の好みと合っていないという可能性があります。オリゴ糖の摂取量や種類によっては、体内の善玉菌の好みと合わずに効果が実感できないというケースもあります。腸内に棲息する菌の種類や数には個人差があり、オリゴ糖にも種類があります。その相性が合わなければ望む効果を得られません。

オリゴ糖であれば善玉菌は何でも食べるというわけではなく、その好みに合ったオリゴ糖である必要があります。ですので、自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選び摂取する必要があります。

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選んでいる場合でも、その摂取量が多かったり少なかったりというのが原因となり効果がいまいち実感できないというケースもあります。少ないという場合には便秘解消につながらず、もし多い場合ですと下痢になってしまいます。

下痢になってしまった場合にはオリゴ糖の摂取を一時的に中断することでいずれは解消されますが、それは便秘よりも強い不快感を伴うものであると思います。ですので下痢になることを避けるためにも、まずは少量からオリゴ糖の摂取を試してみて、どうしても効果が感じられないという場合にのみ増量するという段階を踏んでみるのがいいでしょう。